納得のいくリフォームのためには

毎日の暮らしの中で家の間取りや設備に使いにくさを感じることが増えてきたら、思い切ってリフォームしてみるのがオススメです。ただし大規模な改修ともなればそれなりに費用もかかってくるので、実際にリフォームを計画するときには漠然とした希望だけでなく、どんなところに困っているか、どんな暮らしをしたいかをしっかりと考えてみることが必要です。規模が大きくなるほど費用も比例して高額になっていくので、事前どんなことを希望しているかを整理して、優先順位を決められるようにしておくことも大切です。予算も無限にあるわけではないのが普通ですから、限られた予算の範囲で納得できるリフォームを実現するためには、時には諦めなければならないところも出てくるものなので、自分たちで優先順位をある程度は決めておくことも大切です。

まずは家のどこに不満を抱えているかを全て書き出してみる

住みはじめた頃はいろいろと細かなところにまで気を配って建てた家だったとしても、長年生活していくうちには家族も成長するし家族構成やライフスタイルが変化することは当然あります。そんなときに改修工事を決意する前に、まずは今現在の生活で、どんな部分に不満を抱えているかということを、箇条書きでも良いので全て思いつく限りに書き出してみます。このときに出来ればその家で生活する家族が全員でそれぞれに意見を書き出してみると、いろいろなことが見えてきます。自分にとっては不便でも別の家族にとっては今のままのほうが良いということや、いろいろな目で見ることで不便に感じていた原因が見えてくることもあります。具体的にどうしたいのかということではなく、とにかくどこが不便なのか、不満なのかを全て書き出すのがコツです。

予算の範囲でどこまで実現可能かを見極めるのがプロの仕事

家族全員で家に対する不満や不便に感じる部分が出せたことで、実際に工事を依頼する業者にどんなプランが考えられるかを設計してもらうのですが、その段階ではある程度の予算額は決めておく必要があります。決められた予算の範囲のなかで最良のプランを設計してもらうためにも、自分たちが用意することの出来る予算の額は算出しておくようにします。限られた予算の範囲で、様々な希望をかなえようとするとき、あるいは希望を全てかなえるのは難しいという結果になることも考えられます。そうなったとき、どこは譲れなくて、どこなら多少ランクを下げてもかまわないといった選択をしやすいように、自分たちでも工事の優先順位をある程度は決めておくことが満足の行く内容に仕上げるためのコツになります。